June 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Categories

  • PC関連
  • 園芸他
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 星空
  • 木工
  • 競馬
  • 趣味
  • 過ぎった事
  • 電子工作
無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« October 2011 | Main | January 2012 »

December 2011

2011.12.26

また腰痛にみまわれました

A_002005  004  大掃除の一環で、プラスチック粗大ゴミをサンダーでの切り分け作業を行ったのですが作業台無で中腰姿勢だった為に・・・・・やってしまいました。とりあえず細かに切り分けたので、後の片づけは奥様にお願いして、安静に作業場にて机上作業と相成りました。カーバッテリの電池残量を知るために電圧計を取り付けました。電圧計は私が小4の時に購入した立川無線のテスタです。乾電池ホルダが壊れてしまったので、電池なしで使える電圧計ノミでの使用で現役復帰です。50年前の代物ですがまだまだ使えます。次は外用の作業台を作ろうと思い立ちました。といっても、大きな物は必要ではないし、置き場に困るのも目に見えていますので、引き出し式の必要な時、取り出す方式にしたいと思います。作業小屋の下部に丁度良いスペースが有りましたので、2×4材を引き出し材として使う形で案を作りました。材料は手持ちが有りますが今日は安静にと云う事でここまで。次はPCいじりです。作業場のPCはXPの古い物ですがアナログからデジタルディスプレイに交換する事にしました。カードが2枚入手できたので、即実行です。狭い作業場ですが2台のPCが有りますのでデジタル切替器に交換しました。テレビ画像は見違える程良くなりました。 

2011.12.20

作業場の寒さ対策

 午前5時。作業場に入る。温度6度、昨日より低い、特に足元が冷える感じ、なにせ手造りの木造小屋ですから、ほとんど外にいるのと同じ、風が直接当たらないだけの状態です。流石に暖房器が必要です。そこで、寒さ対策に乗り出すことにします。まずは床板と壁板との交差部の隙間対策、コンパネを切り出して隙間を塞ぐ、そして床板との接続部分はシールを施します。外部と内部の接点に有る穴という穴を全て塞げれば気密性は良くなり、小さな暖房器でも効率よくなる筈です。本日は作業台の下部にあたる部分の点検と補修を行いましたので、明日の朝の状態の変化が楽しみです。冬場は作業場に入らないで室内でできる事をして、暖かくなってから作業場に入るつもりでしたので、あまり造作に気負使わなかったのです。でも、状況は変わりました。木工ではなく、電子工作に嵌ってしまったのです。これは題材に事欠きません。作ることも、考える事も、勉強する事もたくさんあります。明るい時間はできるだけ製作に使いたいので、作業小屋の整備が必要となったわけです。暖かい時間をみて補修作業をやっていきましょう。完了する頃には暖かくなっているでしょうから。そうしたら、暑さ対策に切り替えましょうか?!

2011.12.15

電圧可変型DC電源

 PICを使った製作の第一弾として標題の電源を作ることにいたします。基本はできるだけ手持ちの部品、材料を使い出費を少なくする心算です。そこで、筐体として、このプリンタ切替器の登場となりました。昔の製品は丈夫で頑丈にできています。手頃な大きさですが鉄板なので加工が骨ですのでアルミ板のパネルを製作するつもりでいます。電源トランスはPCのSPシステムに入っていたものを流用。製作できたら見てもらいます。032

PICライターできました

 PICを今頃始めてしまいました。この期に及んでPICでもないかなとも思ったのですが、ネットを見ていると製作記事もそこそこ有るので少年時代を思い出して、少しかじってみようかな!?ということで手始めにこのライターとなった次第です。回路は著名な方の製作記事通りに作りました。本当は相当の遠回りをしましたがやっと出来あがりました。でも、プログラムが正常に書き込めた時の嬉しさは少年の日の感動そのものでした。029

暖かい本日、作業場の小改修

017_2 007_2  ディスプレイを移動設置。やはり明るい陽射しには画面が見難いので変更した。画面を見ながらの作業にも対応するため。もう一点、丸鋸盤の補助台の固定方法を簡略にするため、ノブ付ボルト締めに変更。従来、クランプで固定していたが邪魔になるし、しっかり固定できないので、6ミリのボルトで固定することにした。100均の羽根つきナットとノブを使っている。万力を乗せた天板を移動固定するのと手前の土台の固定用の2カ所を加工した。

« October 2011 | Main | January 2012 »