June 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Categories

  • PC関連
  • 園芸他
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 星空
  • 木工
  • 競馬
  • 趣味
  • 過ぎった事
  • 電子工作
無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« May 2012 | Main | July 2012 »

June 2012

2012.06.26

間違いなく寒い!!

 午前1時43分。
 寒そうな風の音。
 怖くは無い。
 近頃、眠りについて貪欲で無い。
 無理に眠らなくなった。
 契約の朝は無い。
 今日の予定は概ねできている。
 小さな達成感の為の。
 1時59分からの映画を見ながら夜明けを待つだろう。
 19度だ。
 寒い。
 部品発注。
 趣味の工作のための。
 勉強。
 学生の時のやり残し。
 明けてくるまで120分。
 至福の時を・・・。

最近の生活パターンは明るくなり始めた頃に起床。炊飯器のセットと納豆の下拵え(テレビの健康番組で効能を見てから実践3ヶ月)。ここまでが朝の通常業務。後は全て私の時間。午後4時を目安に自由時間を終了。夕食の準備を手伝う。午後5時に夕食、後片付けは私の通常業務。午後9時ごろまでは概ねテレビを見ながら、ぼつぼつ話をする。

2012.06.20

テスタのアームを再設置

 前にアナログとデジタルのテスタを2台乗せてアームに取り付けて使っていたのですが、大きさが邪魔になり外してしまいました。しかし、最近また、デジタルテスタの使用頻度が増してきたの同時に、その使用時の置き場所にしばしば困るようになり、再度、アームを取り付ける事にしました。テスタの足を出しても見やすい角度になかなかなりませんし、イチイチ置き場所をセットしなければなりません。今回はデジタル一台をシンプルに取り付けましたので邪魔にならなくなりました。アームの威力で角度や距離は自由自在。かなり使い易物になりました。G_002

グラインダ削り粉を取り除くアイデア

 以前に使っていた物を思い出して再現して見ました。気休め程度の物ですがそれなりに効果が有りましたので報告です。材料は電子レンジで使うためのプラスティック容器です。回転部と蓋の分割タイプでレンジでは使うことなく仕舞われていました。蓋部の真ん中のツマミの部分を穴加工して、掃除機のノズルが嵌るようにしただけのものです。グラインダの回転部の上にS管で吊り下げます。作業中は掃除機が吸い込みますので、むやみに切粉が飛散する事は有りません。100%と云う訳には行きませんが中々の効果です。粉の飛び散る方向や角度に合せて傘を移動させれば、さらに効果が上がると思われます。G_003

2012.06.18

製氷皿の利用法

 冷凍庫で氷を作るプラスチックのお皿です。利用法を見つけました。そうです。部品を仕分けて置くための入れ物として利用します。回路を組む時にリストアップされた部品を個々に仕分ける事が出来るので、作業が楽になります。012

2012.06.16

グラインダの削り粉の対策?

 本日、予想通りの雨となりました。予定通り、バッファを作るための加工作業に入りました。プラケースに基板を収めるための加工作業ですが、ベークライトの削り粉はとても粒子が細かいので後始末が大変です。最近は細かな作業が多くなり、作業台もあまり汚れることが無かったのですが、今日は久しぶりにあちこちに切粉が飛散してしまいました。雨の為、窓は閉め切り、換気扇一つではとても役に立ちません。ほんの小さな基板の面取りだけだったのですが・・・・・・・。何とかしなければなりません。アイデアは有りませんか?グラインダ自体にカバーを付けるとか?掃除機を合体させるとか?ヒントを求めて検索しましょう。

2012.06.15

工房内ISO実施

006 007_2   整理整頓、安全対策、省エネ、マニュアル作成など、我が工房(たった6㎡程)内が手狭なだけに尚必要なのかもしれない。電気配線もAC100V、DC12Vが有り、大型の設備は無いが、電気丸鋸、サンダ、トリマ、ボール盤、ドリルドライバ等、危険な物もあるので、安全で使い易くする為に実施をおもいたった。座り込んで眺めまわすとあちこちに不具合な点が・・・・・せっかく陽が伸びて、午前4時には工房に入るので時間は余るほど有ります。この作業場を作ってから、この8月で4年になります。作業中に感じた不具合は都度直してきましたが、手間のかかる物はツイツイ後回しにしてしまいがちで、良い機会ですから全体的に見直したいと思います。こんな事を云いだしたのは、例のオシロソフトの実験をしていて暗礁に乗り上げて、中空を眺めている時に思い出したのです。ですから、電子工作と並行してやろうと思います。早速、改善点リストと予定を作ることにします。

2012.06.12

バッファの製作

010   PCオシロソフトの実験をしてみて、オシロそのものに大変興味を持ちました。見えないものが見える事のインパクトは大きい。さらに、このソフトの機能はまだまだあります。理解するには専門用語など色々調べ物もしなくてはならないので結構勉強になります。その一つ、バッファなるものが登場です。パソコンの入力部分のインピーダンスが低いために、入力信号への影響、誤っての高電圧入力でのPC本体の破壊!が考えられるとの事。破壊?破壊!、PCが壊れる、重大事!この素人の私がオシロと云う、面白い玩具を発見して、考えられることは実験でしょう!この波形はどんな風だろうと・・・・思いつくものを接続して見てみる・・・当然考えられる。何も知らないのだから、怖いものは無い。そして破壊!親切にも、説明書に”注意すること他”と題した一項があり、この入力インピ-ダンスを改善するためのバッファ回路が出ていたのです。そこで、早速製作です。材料はオペアンプ、両電源とシンプル。同じものが揃うかどうか?ですが・・・・。オペアンプの勉強も兼ねて作ってみようと思います。

2012.06.07

低周波発振器の製作

005  PCソフトのオシロスコープで波形を見たり、どのような使い方ができるのかを体験して見たくなり、発振器の製作を思い立ちました。webには幾つもの回路があるのですが余り難しい回路では実力が伴いません。簡易的な物でよい回路が無いか探してみました。JO7VJQさんの回路であれば部品も揃いそうなので作って見ることにしました。ブレッドボードに作って、早速接続して見ました。ソフトを起動して波形が表示されると、なんだかとても嬉しい気がしました。今まで無縁のオシロスコープがそこに有ったのです。このソフトは説明書も解りやすくとても良くできています。今度は測定や数値の読み方などを覚えてさらに利用できるようにしたいと思います。

« May 2012 | Main | July 2012 »