June 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Categories

  • PC関連
  • 園芸他
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 星空
  • 木工
  • 競馬
  • 趣味
  • 過ぎった事
  • 電子工作
無料ブログはココログ

Recent Trackbacks

« December 2013 | Main | March 2014 »

January 2014

2014.01.27

耳毛、鼻毛考!

ふっと、鼻毛が気になり・・・、耳毛も気になり始めた。退職前はそれほど気にせずに毎朝の髭剃り時に処理をしていたもの・・・・・。退職してからは髭剃りも2日に一回程度で鼻毛、耳毛は随時。しかし、耳毛の処理は難しい。近頃、気のせいか?伸びる速度が早くなった気がする。そう云えば、以前、老化現象説を拝聴したような!で、耳毛剃り器を検索で・・・購入。F社最新機種。優れものでした。久々に感動ものでした。耳、鼻の中に入る先端は小さなもので・・・兎に角、カット音が聞こえて気持ち良い・・・耳剃りの時は煩いが・・・効果が有るので許せる?価格の割に良い物の気がする。

2014.01.12

サバ味噌で一杯!

本日、休肝日。しかし、賄を始めて、四日になるが。カミさんの風邪はしぶといようで、我、レパートリも底をつきそう、毎日の3食は久しぶりの事態でしんどい。今日あたりはかなり良くなっているようだが、何も言わずに放し飼い状態。奥の手の即席めん、冷食攻撃を噛ませれば、おやじがネヲあげて・・・、年末の忙しさの代休とでも思う事にしよう。そこで、サバ味噌の缶詰、128円也、で晩酌とあいなった次第ではある。男の料理というのは野菜が少ない、ここの処、登場しているのはレタス位のもの、あとはやはり肉類が多い、魚は朝食用である。幸いに親父が揚げもの好きで助かる。我が家は昼食がメイン。晩は軽く済ませる事が多い。揚げ物なども昼にやる。今日も、晩御飯を済ませるとすることがないので、晩酌とあいなった。カミさんはベッドでクロスワードに興じているようだ。奴も長期休肝で身体には良いのだろう。それにしても、とうの私が風邪を引いていない、勤めていた頃は適度に風邪を引いていたようだが・・・。早寝早起き、バランスの良い3食、適度の酒、ストレスの無い日常。おかげで医者とも無縁である。カミさんのおかげかな?

今年始めて知ったこと

昨未明、エアコンの異音と共に2階が停電。我が家ではブレーカが落ちることは皆無であった。配電盤を調査してみると、主、分岐ブレーカー共にON状態?拙い知識をフル動員で・・・、2Fの分岐ブレーカにタッチすると・・・さわるか、さわらないかのうちに、レバーがOFFに・・・。これで異常事態は回避と思われた。しかし、この分岐ブレーカをセットし直す事ができないのだ。物理的にON状態にならないのだ。当然の事として、負荷であるエアコンの電源は抜いてある。分岐ブレーカはON・OFFの2接点。負荷により落ちる事はあり得ない。ショートにより落ちる事も考え難い。ショートで有れば、一瞬でもON状態になる筈である。しばし、あちこちを点検して、原因を調べて見たが、見つからない。已むおえず一時保留。朝を待って、専門家(電気屋さん)に来てもらう事にする。午前8時、電気屋さんに電話、事情説明。「分岐ブレーカですが、何時頃の物ですか?」「20年前位だと思います(私)」「ブレーカのレバーをさらに下げてみてください。」・・・意味が解らない。OFF状態のレバーを下げる?。レバーを下げてみる。・・・「カチッ」・・・嘘だろ。下がった。
原因はこれっだったのです。ブレーカの落ちた状態が、仮OFF状態だったのです。当時の分岐ブレーカの構造上、見られる状態で電気屋さんの経験による知識だそうです。私の電話による、拙い説明を聞いて、ブレーカ自体の構造欠陥を思い起こす処は、流石にプロと思いました。電気屋さん有難う。

2014.01.10

新年を迎えたおやじ

2014を無事に迎えました。波乱含みでは有りますが・・・・・、カミさんが久しぶりに風邪をひきました。おやじと口喧嘩。3人しかいないのに・・・喧嘩をすると・・・、孤立を感じる人間が2人。どちらにもつけない人間が一人。所謂、ばらばらですは・・・。地震も頻発・・・スロースリップと云うのだそうですが・・・今年も前途多難のようです。こんな小さな出来事にも、自分を失う・・・・我ながら情けない話です。まだまだ、修行が足りない。反省が足りない。落ち着いた気持になれるのはいつの日のことでしょうか?喧嘩できるほどの回復でよろこばしいのですが・・・・・平穏を祈りながらも、些細なことに刺さる己がいる、情けない。

« December 2013 | Main | March 2014 »